第4回文化セミナー


※このコンテンツを最適にご覧いただくには、Adobe Flash Player 8 以上のプラグインが必要です。
>> 最新のAdobe Flash Playerをダウンロード


「家族」

開催要項(題字:秋山真魚)
開催要項(題字:秋山真魚)
◆日時/1999年11月28日(日)
   〔開場〕午前11時
   〔開演〕正午〜午後4時30分

 ●第1部:講演
      河合隼雄 氏(臨床心理学者)

 ●第2部:講演
      山田太一 氏(作家・映画監督)

 ●第3部:鼎談
      河合隼雄 氏/谷川俊太郎 氏(詩人)/山田太一 氏


◆会場/小樽市民会館

河合隼雄 氏

1928年生まれ。臨床心理学者、京都大学名誉教授。現在、国際日本文化研究センター所長。絵本・児童文学研究センター名誉会長。主著『昔話と日本人の心』(岩波書店)、『生と死の接点』(岩波書店)、『こころの処方箋』(新潮社)、他多数。ユングのチューリッヒ研究所で日本人初のユング派心理分析家を取得。独自の観点から、日本の文化・社会、そして日本人の精神構造を分析。

谷川俊太郎 氏

1931年生まれ。詩人。主詩集『モーツアルトを聴く人』(小学館)、『うつむく青年』(サンリオ)、他多数。戦後詩の新しい感受性を開く詩人として、高い評価を受けるとともに、現代詩の先端を走りつづける詩人としての評価も高い。

山田太一 氏

1934年生まれ。作家、脚本家。主著『岸辺のアルバム』(東京新聞出版社)、『ふぞろいの林檎たち』(大和書房)、『異人たちとの夏』(新潮社)、他多数。日本を代表するシナリオ作家として、現代の家族に焦点をあてた多くの作品を発表。どの作品も、常に高い評価を受けている。