アポリア9号


児童文学ファンタジー大賞の五年を振り返って

絵本・児童文学研究センター 理事長
工藤左千夫 

 絵本・児童文学研究センター主催の児童文学ファンタジー大賞も足掛け5年を迎える。準備も含めると7年になる。今回のセミナーを機会に、今までの経緯を掻い摘んで述べてみたい。

 1995年11月26日、小樽市民会館において、第2回文化セミナー(大江健三郎/河合隼雄/谷川俊太郎)が開催された。その冒頭は、センター主催の第1回児童文学ファンタジー大賞の授賞式。大賞 梨木香歩 『裏庭』/佳作 樋口千重子『タートル・ストーリー』大賞・佳作とも理論社より刊行)

 本賞の企画は、授賞式から2年前に遡る。既存の大賞(児童文学関係の賞は、通常、原稿用紙30枚以内)に比して、応募規定枚数は80〜500枚。当時(現在でも)もっとも多い応募枚数の規定であった。

 ファンタジーとは、どのような感覚なのか? これは、極めて難しい。類似の賞を見ると、青春ロマンの延長程度。

 しかし本賞の企画は、センターの創設期からの課題なのだ。本センターの基礎講座全54回のうち、実に、十数回のそれはファンタジー。極論を述べれば、ファンタジーを追究するために他の講座の位置づけがある、と述べてもよい。

 河合先生は「日本人の感覚には、ファンタジーが難しいのではないか」と……。確かに、ファンタジー的感覚を知れば知るほどその言葉には肯く。だが、踏み出した。

 賞概要の決定。一回ごとの運営にかかる費用の算定(およそ600万円)。後援・支援団体の確定。最終選考委員(第1〜第3回まで、河合隼雄・神沢利子・佐野洋子・清水真砂子・中澤千磨夫・各氏と工藤左千夫)への依頼など。

 とにかく、1994年の秋、全国に公募を打ち上げた。翌年の3月、応募総数が200点を超え、順調に始動した。以来、1次・2次・3次、そして最終選考会(9月)に臨んだ。第1回ということもあり、選考委員の各氏や実務のスタッフも緊張ぎみ。曲折はあったものの無事終了した。

 以降、翌年の第2回も同じ方式にて、佳作のみ決まる。「なるかみ」(伊藤 遊)

 第3回は大賞のみ。『鬼の橋』(伊藤 遊 福音館書店より刊行)

 第4回は、最終選考委員の規定により、委員の構成が変った。新選考委員には、委員長に河合隼雄、委員に今江祥智・阪田寛夫・脇明子・中澤千磨夫の各氏と工藤である。

 9月に選考委員会が開かれた。結果は、大賞・佳作、共に該当作品なし。選考委員会の意向を受け、当日、緊急に大賞運営委員会を開き、奨励賞を新設した。

 奨励賞

「鍵の秘密」古市卓也

「あかねさす入り日の国の物語」奥村敏明

 第5回目は、本年(1999年)9月26日である。本誌が刊行され、各団体に行き渡る頃には結果がでていることだろう。

 今までの経過を振り返ってみたが、本賞の評価は今後のことである。最低でも10回を目処として、ある程度の自己評価を行いたいと思っている。そして、その評価基準は次の観点を考えている。

 ・大人と子どもの狭間に悩む人間群像としてのファンタジーの評価。

 ・ファンタジーの概念の確立。

 このことは、世界的なファンタジーの統一理論を意図しない。ファンタジーについての的確な邦訳がない現在において、青春ロマンの延長やバーチャル的な世界とファンタジーは明確に異なることの理論的根拠を明らかにすること。

 ・現代社会は、ますますアイディンティティ・クライシスが深化している。そのような現状に対し、内的世界へのツールとしてのファンタジーの必要性が展開できるかいなか。

 ・文学の可能性のひとつとして、ファンタジーが位置づけられるかどうか。

 ・その他

 右記の評価は先にしても、この大賞も5回目を迎えた。どの回においても思い出はふんだんにある。とにかく、継続の意味をかみしめながら今後も回数を重ねていきたいと考えている。

第4回文化セミナー講師 山田太一の世界

山田太一ファンタジー小説のフィルム的メタファー
―『飛ぶ夢をしばらく見ない』『異人たちとの夏』『遠くの声を探して』―

十文字学園女子大学助教授
映画評論家
江藤 茂博

 山田太一作品のなかに、「不思議な出来事」を書いた作品群がある。『飛ぶ夢をしばらく見ない』(85年)、『異人たちとの夏』(87年)、『遠くの声を探して』(89年)と続くこれらの小説は、山田ファンタジー作品と呼ばれ、その評価は高い。これらの作品世界には、小説内部の「現実」とは異質の時間や空間が組み込まれていて、「現実」に依拠する主人公は、その異質な時間や空間に出会ってしまうことで、自らの生のありかたを翻弄させられてしまう。そして、翻弄させられた後、なんだか、ほとんど人生を全力で走り切ってしまった後のような、すべてが終わってしまった「場所」に辿りついてしまうのだ。そんな「場所」が、たとえ比喩的にでも、わたしたちの実人生に在るのかはわからない。ただ、なにもかもが凝縮されしかも同時にからっぽの「場所」に、それぞれの作品の主人公と同じ充足感と空虚感が混在する「場所」に、読者は立たされたような気になるのである。これらの作品群の味わいはここに尽きる、と言うのは独断であろうが、構わず作品群を並べてみたい。

 ひとつだけ補足するならば、これらの作品の「不思議な出来事」は、いわゆる恐怖を呼び覚ますものではない。むしろ、どこかせつなく敬虔な「出来事」なのだ。なぜなら、それらの「出来事」が生むものが、ほとんど人生そのものと言い換えてもよい悲しい離別の物語でありながら、同時に主人公にとっては、人生の僥倖とも言うべき、もうひとりの失われていた自分との邂逅でもあるからだ。

 『飛ぶ夢をしばらく見ない』では、ちょうど映画のフィルムを逆回転で見るような、睦子の逆行する濃密な人生が描かれていた。そこでの主人公「私」は、「自分以外の存在に深く心をそそぐことなど決してない」というエゴイズムによって妻や女を批判する。実は、そのエゴイズムは「私」のものでもあったわけだが、この睦子の逆行する人生と接点を持つことで、「君をただ大切に思いたい。バカみたいに君に集中したい」という言葉を口にする「場所」に身を置くことになってしまう。重ねて、富岡多恵子の詩にある<「わたしたち」は わたしとあなたに還元できない>という表現を引用し、いわば愛というものを、「私」は自覚してしまうのだ。

 『異人たちとの夏』では、異界と「現実」のふたつの世界を行き来する主人公が、身体の衰弱と引き換えに、失われた時間と感情を手にした。それは、異界の人達との交流によって、主人公「私」から家族も含めた他者への愛の回復劇である。同時に、主人公「私」を無償で受け入れてくれる他者からの愛の発見でもあった。また、夏のお盆の頃という時間と東京という都市空間の意味構造が重ねられ、そこに異界での食事や「鶴女房」という神話的要素や話型のサブ・ストーリーもしっかりと組み込まれていて、この異界も異人たちもどこかなつかしく親和的な存在に見えてしまう。

 『遠くの声を捜して』では、主人公笠間恒夫が、彼の内面にどこからか届く声によって、「自分ノ気持ニ正直ニナルヨウニ」仕向けられてしまう。それは、過去の出来事と恒夫自ら向き合うことであり、現在の恒夫のありかたに対して自ら再検討することであった。さらには、その姿を見せない声だけの存在によって、「正常であることを激しく望み」自分を抑圧していた恒夫は、それまで手にすることのなかった「深い感情」というものと出会うことにもなった。それまでの自分のありかたを否定せざるを得ない「場所」にやってきたのである。そして、声だけの存在は、恒夫にその姿を見せることはない。「少女」という虚像を声の痕跡として、恒夫の記憶にとどめさせるのみであった。

 無論、こうした「不思議な出来事」を描くことの戦略性に、作家山田太一は無自覚ではない。それぞれの小説では、「不思議な出来事」をフィルム的なもののメタファーとして描いていた。睦子の人生はフィルムの逆回転であり、自分の疲労した姿が見えない中年のシナリオ・ライター「私」の視線とそれが見える他者の視線はふたつのカメラの交錯だろう。また、恒夫の最後の記憶は、声=セリフによる場面の焦点化である。そして、山田太一は自ら編集した『不思議な世界』(93年)というアンソロジーの冒頭の文章で『不思議な出来事とは、私たちの「現実」観では認めにくい出来事である。意表をつく出来事である。そうした出来事に、私たちを呪縛している「現実」をゆり動かす契機がひそんでいるかもしれない』と述べている。「不思議な出来事」に翻弄された後に、つまり「現実」の向こう側に、何がしかの真実が姿を現すのではないかというのである。もちろん、真実などというものを具体的な言葉に置き換えてみても陳腐になるだけだろう。それをフィルム的メタファーで縁取ることで、読者に差し向けているのだ。だから、読者は、主人公が辿りついた「場所」に広がる真実の像を内的に認める。が、それもまた、フィルムに照射された光の向こうの影のようなものだ。光と影が淡く戯れる、見えなかったといえば、それで済まされるような、読者個々の真実であるからだ。

第4回文化セミナー「家族」開催の趣旨

 第四回文化セミナー運営委員長
絵本・児童文学研究センター理事長
 工藤左千夫

 絵本・児童文学研究センターは、児童文化と生涯学習の接点を模索し設立してから、昨年で10年を迎えました。この10年の間、基礎講座の定期開講、文化セミナーの開催、児童文学ファンタジー大賞の創設、多様な書籍の刊行などを行ってまいりました。

 今までの文化セミナーにつきましては、児童文化と生涯学習の接点として様々な課題に取り組んでまいりました。

 第1回文化セミナー(1992年)のテーマは「大人への児童文化の招待」(エイデル研究所から、上・下巻で刊行)で、基調講演(河合隼雄)、分科会(河合隼雄、神沢利子、佐野洋子、たかしよいち)が行われました。同セミナーの課題は、大人が児童文化に接する意味とその必要性でした。これは、児童文化が「子どものため」だけではなく、大人こそ、その意味の深い理解が必要と考え、また、大人の生き方を模索するうえにおいても児童文化の観点は必要との考えから開催されました。

 第2回文化セミナー(1995年)は「日本語と日本人の心」(基調講演 河合隼雄 鼎談 大江健三郎×河合隼雄×谷川俊太郎…岩波書店より刊行)で、同セミナーは第一回の課題を受けたものでした。それは、児童文化の普遍性(大人、子どもの境界を外した文化)は重要にしても、その表現の仕方・考え方には、当然、各国の特殊性・個別性があり、そのため、総ての文化の根本にある母国語を深く理解する必要性が生じてきます。その課題が第2回文化セミナーでありました。

 第3回文化セミナー(1998年)は「いのち」がテーマでした。同セミナーも、第1回、第2回のセミナーを受けて企画されました。それは、児童文化の普遍性、そしてその表現としての母国語の意味、これらを合わせていくと、当然、「いのち」の意味とその実感が現実的な課題として浮揚してまいりました。それは、昨今の殺伐とした世相に対して人間はどのように対処したらよいのか、 また、そのような世相をどのように理解したらよいのか……。

 このような課題は児童文化に止まらず総ての人々に必要な文化と考えました。(後日、岩波書店より『いま、「いのち」を考える』のタイトルで刊行。)

 今回の第4回文化セミナーは「家族」がテーマです。「児童文化の大人へのかかわり」「表現としての日本語」「いのちの意味」など、今までのセミナーのテーマの実践は、「家族」という場において日常的になされていると考えます。その意味を考える手だてとして、講演・鼎談の講師を決定いたしました。講演・鼎談者は、河合隼雄氏、谷川俊太郎氏、山田太一氏です。

 各氏の見解は、多くの人々が現代における家族の在り方を考える一助になればと考える次第です。

 多くの人々が改めて「家族」の意味を考え、それに関連した文学作品にふれあうことにより、「家族」の重要性を再確認する契機になればとの想いが同セミナー開催の趣旨でございます。

 また今回のセミナーは、「伊藤整文学賞の会」との共催で開催されます。この意味は十数万の地方都市(小樽)で、純文学と児童文学の全国的な文学賞を有する街として、今後とも両会は、互いの独自性を保ちつつも協力できる範囲ではそれを惜しまないことを意味します。そして、このことは、互いの文学賞の継続的発展のみならず、新たな地方文化の潮流を模索する行為でもありましょう。

伊藤 整文学賞の10年を振り返って

 伊藤 整文学賞の会代表幹事
 絵本・児童文学研究センター理事
 西條 文雪

 当別のグリーンヒルズはオレンジ色の瓦屋根と茶色の板壁のスウェーデンハウスが建ち並ぶ異国情緒豊かな住宅地である。

 その色合いは周囲の木々の緑ととてもマッチしていて何とも言えない雰囲気を醸し出しているが、その中に札幌出身の作家渡辺淳一氏の別荘もある。年に何回か訪れて作品を仕上げていくこともしばしばであった。

 隣接したところにグリーンヒルカントリークラブもありよくゴルフを一緒にしたものである。

 「私が東京へ出て右も左もわからない時に同郷という事で伊藤整さんに大変お世話になった。特に『ダブルハート』で直木賞を受賞した時も熱心に推薦してくれたようだ。貞子夫人が元気なうちに伊藤整文学賞を創りたいのだが小樽で検討してもらえないだろうか」

 これが私にとって伊藤整文学賞と関わりを持つ最初であった。

 当時は流行作家であった渡辺淳一氏と伊藤整氏とはイメージ的に合わなかったし、その後何冊か伊藤整氏の作品を読むにつけ、登場人物はか弱くて頼りなく何か物足りなさを感じさせるものがあったが、実は頭脳明晰でチャタレイ裁判を乗り切るような行動力とねばり腰、さらには日本近代文学館の理事長であり「日本文壇史」を完成させるような偉大な人物であるというところに興味をひかれたのである。

 しかし、文学賞の誕生までは長い道のりがあった。文学の世界に全く無知な私にとって、どのように根回しをしていけばよいのか皆目見当がつかなかった。

 そこで先輩でともに街づくりグループのメンバーとして一緒に活動していた井上一郎氏と斎田義孝氏を引き込んで文学賞創設の可能性を求めて苦悩の旅が始まったのである。

 途中何回か挫折しそうになりながら、なんとか第1回目の授賞式にこぎつけた時は「どんな事でもやればできる」という信念を持てば不可能が可能になるという事を教えられたような気がする。

 最初渡辺淳一氏が描いていたような筋書きとはかなり紆余曲折をしながら進んできたが、これはこれでまた文壇の難しさも勉強させられた。

 とにかくスタートしたからには継続をしなければならないし、会長が小樽市長であったので恥はかかせられないという気持ちが強かった。しかし、「生むは易し、継続は難し」予想したとおりであった。資金集めも思うようにいかず、今だに苦労は続いているわけだが、役員、幹事運営委員の皆さんの知恵と努力で今日に至っており、さらに小樽にいらしていただいた選考委員、受賞者の方々も、それぞれに小樽での思いや印象を文章に発表していただいているお陰で,この文学賞の知名度を上げる上で強力な応援団になっているのも事実であろう。

 10年も経てば子供が成長するのと同じように文壇の中で伊藤整文学賞の評価も高まり、ある程度PRしなくても一人歩きするところまできたのかもしれない。

 これからの事はわからないが、小樽市民の支えが活動の原点であることは言うまでもない。

連 載

「書物と人の女性史 V」

エンゲルスと『家族・私有財産および国家の起源』

 小樽商科大学教授・付属図書館長
 絵本・児童文学研究センター相談役 
 倉 田稔

 フリートリヒ・エンゲルス(FriedrichEngels,1820-1895)は、友人のカール・マルクス(1818-1883)が亡くなって、労働者運動で「第2ヴァイオリン」を弾くことになった。エンゲルスは、マルクスの遺稿の中から、編集して、多くの作品を出版した。その中で、彼は、マルクスの『古代社会ノート』(1)を発見した。それは、アメリカの人類学者、ルイス・ヘンリー・モルガン(1818-81)(2)の著書『古代社会』をマルクスが読んで、ノートをしたものだった。エンゲルスは、それを利用して、モルガンとマルクスの古代社会論を整理した。それに加えて、古典・古代、封建時代、近代の歴史を描き、書物『家族・私有財産および国家の起源』(DerUrsprung derFamilie,desPrivateigentumsunddesStaats.)として、1884年に発表した。

 マルクスは人間の歴史の通史を書かなかったので、エンゲルスによるこの本書は、マルクス主義の歴史学の標準的書物とされた。後にレーニン(1870-1924)は、本書を利用して、『国家と革命』を書くのである。

 エンゲルスによれば、初めの人間の社会は母権制の時代だった。そして、国家・私有財産が登場して、女性の世界史的敗北が始まった。つまり、武装権力としての国家ができ、男性が戦士として活躍するようになり、男性が社会の中心になり、母権制が倒れ、父権制の時代が始まったのである。エンゲルスはまた、歴史上の家族の成立と発展を調べ追求する。種々の婚姻の形を調べ、群婚=集団婚から単婚へ発達したとする。同時に、近い血筋の婚姻が排除され、血縁の遠い人々どうしが婚姻を結ぶようになる。この単婚(=一夫一婦制)時代より以前は、女性が社会の中心にいた。子供の父が誰だか分からないからであった。歴史が始まり、国家が成立し、父権制の時代がやってきて、男性中心の社会となり、これが現代まで続いている。しかしこの人間の歴史は、近代資本主義の時代の後、男女平等な社会となるだろうと、エンゲルスは予想した。

 こうして本書は、一種の女性論でもある。ベーベルの女性論(連載3で、すでに論じた)の直後に書かれた書物でもある。

 本書は、日本でも数種の翻訳がある。しかし今のところ、国民文庫版、あるいは新日本出版の翻訳で読むのが一番よい。ちなみにマルクスはフェミニストではなかったが、エンゲルスはフェミニストであった。

 (1)これは、『マルクス・エンゲルス全集』に入らないで、別個に出版・翻訳された。

 (2)LewisHenryMorgan. その他、著作には、ビーバーの研究、アメリカ先住民の研究、などがある。

 (追記。ちなみに、このシリーズとして書いた「書物と人の女性史」の、1、メアリ・ウルストンクラフトの『女性の権利の擁護』、そして、2、ジョン・ステュアート・ミルの『女性の従属』の、原書(=英語)の初版は、小樽商科大学附属図書館にある。それゆえ、見ることができる。特に、前者は非常に珍しいものである。) 


BOOK GUIDE

 梨木香歩著 『からくりからくさ』

 北海道武蔵女子短期大学 教授
 絵本・児童文学研究センター 評議員
 中澤 千磨夫

 『西の魔女が死んだ』にしろ『裏庭』にしろ、梨木香歩の世界は、その筆名のままに草木や花のいきれに満たされている。熱るは生きるに通ずる。今度の『からくりからくさ』は、そんな作者のこだわりが存分に発揮された野心作。謎めいたタイトルは幾とおりにも絵解きできよう。「からくり」も「からくさ」も物語の大切なしかけであるし、なによりそれらを繋いで真ん中に「りか」さんが鎮座している。りかさんはこの作品の鍵となる登場人物、いや人形なのだ。

 染色の勉強をしている蓉子は、死んだ祖母の家を利用して始めることになった女子学生下宿の管理を任される。集まったのは鍼灸の勉強のため日本にやってきたマーガレット、美大で機織りを専攻している紀久と与希子の3人。それぞれの名前にも小さな遊びが隠されている。管理人とはいえ蓉子も同年代だから、手わざを身につけようとしている若い4人の共同生活ということにあいなる。りかさんは亡き祖母・麻から蓉子に贈られたまさに「生きる」人形だから、5人の生活といってもよい。りかちゃんと呼ばれることをなにより嫌う市松人形のりかさんは、彼女らと祖先の不思議な縁を解く「からくり」になっており、その謎が明らめられるのも、この分厚な物語の大きな快感ではある。だが、ほとんど会話で成りたっているこの小説が真に意欲的で魅力的なのは、4人いや5人の女たちの言葉が織りなしていく自己運動の力だといってみたい。

 植物に限らず、においや気配への感応が彼女らには備わっている。彼女らが発するあえかな言葉が次々連なり、棘となって読み手の喉に突きささる。いきなり敷居の「蝋引き」などが出てきて、一定の年齢層以上の人たちに昔の生活を彷彿とさせたり、野草の料理法といったことがらの細部が描きこまれるのが、いい例だ。彼女らは実にわがままにそれぞれのこだわりを披瀝してくれる。ことによればばらばらな言葉が、やがてひとつの印象にまとまっていくのは見事。この小説は、手仕事の伝承も含め、女文化の濃密な混沌を映しているのだ。ああ、私たちは皆、あのアフリカ大陸のたった1人のイブの末裔なのだなとまで、思わせられる。

 人形だってそうだろう。このすぐれてフェティッシュな存在となんの違和感なく交わってしまう、というより、「生きもの」として受け入れてしまうのは、女ならではの感覚だろう。りかさんの言葉は、物語そのものを破壊しかねないエネルギーを蔵しているのだ。言分けを旨とする言葉が、そんな女の気配と事態を綴っていくわけだから、ここには言葉とものどもの激しい葛藤が生ずることになる。蓉子がマーガレットの日本語を文法に照らしてどうなのだろうと疑うのは、この物語に対する読者の位置そのままである。だが、そんなことにお構いなしに女たちの言葉は共振・増幅していくのだ。『からくりからくさ』の不思議さ恐さの秘密は、まちがいなくそこにある。

 (1999・8・19)

 新潮社・本体1600円