本センター関連出版物紹介

『いま、いのちを考える』【文化セミナー関連】


「いのち」という視点から時代を読みとく

梅原猛/河合隼雄/松井孝典
岩波書店 定価(本体1,700円+税)《品切》
 本書は、1998年11月に小樽にて開催された、センター主催の第3回文化セミナーの講演録。子どもに関わる事件、脳死や臓器移植といった問題に関わって、「いのち」はいま新しい視点を要求している。子どもにとって、日本文化にとって、最先端の科学において、いのちとは何か。現代を代表する知性が論じる白熱の討論。